ASACOM☆BAR

Good Beer Makes Good Blood. Have a Good Time For Drinking In Moderation!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


告白。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


昨年
松たか子主演で
映画化された『告白
の原作です。

我が子を校内で亡くした女性教師が
終業式のHRで犯人である少年を指し示す。
ひとつの事件を
モノローグ形式で
「級友」「犯人」「犯人の家族」から
それぞれ語らせ真相に迫る。

衝撃的な結末で
期待以上に面白かったです~。

スポンサーサイト


名前探しの放課後。

名前探しの放課後(上)名前探しの放課後(上)
(2007/12/21)
辻村 深月

商品詳細を見る

名前探しの放課後(下)名前探しの放課後(下)
(2007/12/21)
辻村 深月

商品詳細を見る


最近はまっている辻村深月作品です。

以前読んだ『冷たい校舎の時は止まる』と
“学校” “SF” “自殺”
などのキーワードがかぶっていて
なんだか似たような内容だなぁと思いながら読み進めていたんですが
最終的には全く違う物語となりました。

でも最後の最後の意味ありげな表現の意味が全くわからず
ネットで色々検索してみたら…
どうやら前の作品に伏線があるようです。

彼女の作品は
各作品で
登場人物が関連しているようなので
出版された順番に読んでいくべきみたいです。

そんな事とはつゆ知らず…。
くやしいけど前に戻って読んでいきたいと思います。


冷たい校舎の時は止まる。

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


最近読んだ辻村深月の小説が面白かったので
彼女の別の作品を読みました。

ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。
開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。
凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭での自殺事件を思い出す。
しかし8人は、死んだ同級生の顔と名前が思い出せない――死んだのは、誰!?

長編推理小説で
とても長いお話でしたが
今回もやっぱり
とっても面白かったです。

8人それぞれの過去にまつわるエピソードが
最後に
さらりとまとまるところが
爽快でした。


子どもたちは夜と遊ぶ。

子どもたちは夜と遊ぶ(上)子どもたちは夜と遊ぶ(上)
(2005/05/10)
辻村 深月

商品詳細を見る

子どもたちは夜と遊ぶ (下)子どもたちは夜と遊ぶ (下)
(2005/05/10)
辻村 深月

商品詳細を見る


上下巻の長い小説でしたが
とても面白かったです。

図書館でなんとなく背表紙に目がとまり
ぱらぱらと流し読みしてみて
なんとなく面白そうと言う直感のもとに借りたんですが
予想以上に面白かった。

辻村 深月と言う作家の小説は初めてでしたが
私よりも年下の女性だったのでびっくりでした。

また彼女の別の作品を読んでみたいと思いました。


そして誰もいなくなる。

そして誰もいなくなる (中公文庫)そして誰もいなくなる (中公文庫)
(1996/11)
今邑 彩

商品詳細を見る


久しぶりに面白かったミステリーです。

名門女子高の百周年記念式典に上演された
高等部演劇部による『そして誰もいなくなった』の舞台上で
最初に服毒死する被害者役の生徒が実際に死亡。
上演は中止されたが
その後も演劇部員が芝居の筋書き通りの順序と集団で殺されていく。
部長と顧問が姿なき犯人に立ち向かう学園ミステリー。

ラストの二重三重のどんでん返しに
何度も前半部分を読み返したりして
かなりはまって一気に読みました。

面白い小説に出会えると
嬉しくなっちゃいますねー。




Copyright ©ASACOM☆BAR. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。