ASACOM☆BAR

Good Beer Makes Good Blood. Have a Good Time For Drinking In Moderation!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 草津温泉旅行記②  TopPage  黒豆茶。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://asacomia.blog75.fc2.com/tb.php/1235-54a0c510


草津温泉旅行記①

冬の草津温泉に行って来ました☆

草津温泉は群馬にあります。
群馬進出は初めて^^

予約した時点では
いつものように車で行く気満々だったんですが
ネットやガイドブックなどで
事前に草津に関して調べていた際に

「もしかして草津って…
 雪積もってんじゃない?」

と言う事に気づき
さいたまに来てからは
すっかり冬もノーマルタイヤで過ごしていたので
急遽高速バスで行く事になりました。

さいたま新都心10時発
草津14時15分到着予定。

約4時間のバスの旅に備え
お弁当を作り
ビールとおつまみを買いこみ
さてそろそろ自宅を出発しようかと言う時に
1本の電話が・・・。

「大雪でバスが遅れているので
 10時さいたま新都心到着に間に合いそうにないんです…」

バス会社からの連絡でした。

そうです。
珍しく都心にも雪が降り
交通が麻痺してたんです。

「どうしよう?JRで行こうか?」
と慌てて携帯でJRの時刻表を調べて話し合っていた時に
再びバス会社から連絡が。

「意外と道が流れているので
 どうやら10時に間に合いそうです」

な、なんだぁぁ。
って、だったらもう家出なくちゃ!!!
と慌ててさいたま新都心に向かったのでした。

・・・ところが。
10時を過ぎてもバスがやってこない。

晴れてはいたんですが
道路にはまだ雪が積もっているくらいなので、寒い!!
凍えながら屋外の乗り場で待つ事15分。

手足は氷のように冷たくなり
しもやけもどんどん悪化していくものの
バスも連絡も来ないので
いい加減こちらからバス会社へ連絡したところ
「15分から30分遅れで到着予定です」

・・・じゃあ遅くてもあと15分位?

さらに待つ事20分。

再びバス会社から連絡が。

「外環が全く動かない為、早くてもあと30分はかかります」

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ――――――――――!!!

こんなに期待持たせるような事ばっかり言いやがって
最後にはそれかよ!!!

怒り心頭&寒さで
もうこれ以上バスを待つ気には到底なれず
JRで行く事にしました。

こんなことなら最初から素直にJRで行ってれば良かった…。


そんなこんなで
草津へ向かう前にすっかり気力も体力も消耗してしまったんですが
大宮からグリーン車を使って高崎へ向かう途中に
お弁当を食べつつ
酒盛りをして
少し気分を上げる事が出来ました。

大宮から高崎まで約1時間半
高崎から草津温泉最寄りの長野原草津口駅まで約1時間半
さらに駅から草津温泉バスターミナルまでは
バスを利用して・・・
草津は遠かったです。

群馬は埼玉県と隣り合っているとは言え
草津温泉は長野寄りなんですよね。

宿に着くだけで精いっぱいだったので
もうこれは純粋に温泉を楽しむしかありません!!

今回の宿泊は
ホテル櫻井

お部屋はなぜか3部屋もついていて
二人用にしてはとっても広々使えました。

すっかり冷え切った体を
早速名湯で癒す事に。


常に温泉人気番付の上位に位置する草津温泉。
源泉に五寸釘を浸すと10日程で細り
1円玉なら1週間で跡かたもなく溶けてしまう
強酸性が殺菌力の源で
その強力な殺菌力こそが
美肌と若返りの名湯として有名になったゆえんなんだとか。

そんな強い酸性のお湯が肌にいいの!?と
ちょっと半信半疑でしたが
・・・驚愕でした。

かけ湯をして温泉に浸かっただけなのに
肌がきゅきゅっと音を立てそうなくらいのつるつる感。

全身の角質が一気にはがれおちたような気分。

これが強酸性の威力!
さすが名湯とうたわれるだけの事はある!!

とっても気持ち良かったです。

小さな男の子がはしゃいでいて
頭から温泉にもぐったら
「目が酸っぱい!」
と騒いでいたし
ダンナ様も
「顔を温泉で洗った後に目を開けたら
 目が見えなくなった」
と言っていたので
本当に強力ってことですよね。

こんなに強力で逆に大丈夫なの?と思うくらいです。


全身つるつるぴかぴかに磨き上げたあとは
待望のお夕食。

お食事処でハーフバイキング&和食膳。
テーブルには先付が数種類のった籠と
すきやき
お刺身などが置かれていて
お惣菜やご飯もの、デザートは
オープンキッチンで出来たてのものを
各自取りに行くと言う形式です。

温泉宿でのお食事って
大体量が多くて食べきれずに残してしまう事が多いので
好きなものを好きなだけ食べられる
ハーフバイキングと言う形式は
かなり良いと思いました。

お惣菜も和・洋・中と種類豊富で
どれも美味しかったし。

・・・ただ、食事処が寒かったのが残念。
天井が高いホールだったので
エアコンが効いていたとしてあんなもんなのかもしれませんが
どさんこの私としては
外が寒いのは当然だけど
屋内が寒いってのが信じられません。
話はそれますが普通の居酒屋とかでも冬は寒いんですよね。

なので
寒くて寒くて
当然ビールが進まないんです!!
大のビール党の私が!!!

温泉と言えば美味しいお食事に欠かせないのがビールなんですが…。
瓶ビール1本すらも空けられなかった…。

お陰でビールよりも食事が進んでしまい
この上なく満腹となり
部屋へ戻って
エアコンがんがん強めて暖かくしたのに
今度は満腹でビールが入らないと言う事態に陥りましたが…。

なんだか色々ありすぎの一日でした。
スポンサーサイト

<< 草津温泉旅行記②  TopPage  黒豆茶。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://asacomia.blog75.fc2.com/tb.php/1235-54a0c510




Copyright ©ASACOM☆BAR. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。