ASACOM☆BAR

Good Beer Makes Good Blood. Have a Good Time For Drinking In Moderation!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 新潟旅行記②  TopPage  ミスドの夏ドーナツ第二弾。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://asacomia.blog75.fc2.com/tb.php/1263-583c01c5


新潟旅行記①

夏休み。

新潟へ旅行に行って来ました^^

高速使って約3時間の旅です。


新潟県内に入ってから
まずは腹ごしらえと言う事で
六日町ICで高速を降り
魚沼地方名物の“へぎそば”をいただくことに。

へぎそばとは
新潟県魚沼地方発祥の、
つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦を
ヘギといわれる器に盛り付けた蕎麦のこと。

ダンナ様が蕎麦好きなので
これはぜひ食べたい!と張り切っていたんですよね。

『名代生そば 由屋』にて。

メニューには
小へぎ 二人前 ¥1580
中へぎ 三人前 ¥2630
大へぎ 五人前 ¥2940
と記載があり
蕎麦をたらふく食べる気満々のダンナ様は
最初は「中へぎにしようか」と意気込んでいたんですが
お店の方に量を確認して
とりあえず小へぎと天ぷらを頼みました。

DSCN0104.jpg

へぎそばは一口分ずつ束ねて盛られているのが特徴で
小へぎで20口分?
一口サイズとは言え結構ボリュームあるので
これに天ぷらがつけば
かなりボリューム満点です。

中へぎにしなくて正解でした。

このへぎそば
布海苔がつなぎに使われているのでほんのり海藻風味。
つるつるとのどごしが良いお蕎麦で
私は結構好きでしたが
田舎そばみたいな食べ応えのあるお蕎麦の方が好みのダンナ様的には
かなり微妙だったみたいです。
楽しみにしていたのに残念。

お昼時だった事もあり
次から次へとお客さんが入っていて
ガイドブックに載っているけれど
地元のお客さんも多そうな大盛況さでした。

満腹になった私たちは
本日のお宿である寺泊方面へ向かいつつ
日本海沿いをシーサイドドライブ。

DSCN0107.jpg

埼玉は海無し県なので
海を見るだけで貴重な体験ですよー。
日本海は
地元北海道では身近な海だったので
新潟から見る日本海は初めてではあるもののなんだか懐かしい気分。

海岸沿いには海水浴場が何箇所もあり
海水浴客もちらほらいたんですが
海水浴場って
海の家やトイレなどが完備されているものが普通と思っていたんですが
海辺にはそういった施設が全く何もないところで
皆さん泳いでいたので
なんか不思議な感じでした。

海が身近ですぐに行ったり来たりできる距離だから
そういう施設が必要ないってことなのかしら?

などと言う事を考えながら
海風亭 寺泊日本海』へ到着。

こじんまりとした海辺の宿で
ホテル自体は広くなく
お風呂もたいしたことなかったんですが
ここの売りは
総水量400トンのいけすに囲まれたレストランでの新鮮な海の幸満載のお食事。

ずわい蟹!
DSCN0115.jpg
ロブスターとタラバ蟹のお刺身!
DSCN0116.jpg
お造り5点盛り!
DSCN0117.jpg
牛ステーキ!
DSCN0118.jpg
鮑踊り焼き!
DSCN0119.jpg


この他にも
先付けや茶わん蒸し・天ぷら・アサリご飯・ロブスターのお味噌汁がついて
海の幸が盛りだくさん。

全部絶品でした~^^


目の前の蟹に無我夢中になってしまい
乾杯もそこそこに
必死の形相で蟹を貪っていたら
食事も中盤になったころに
ハタと「あっ今日結婚記念日だった!」と言う事を思い出し
慌てて乾杯し直したと言う始末です。

デザートに塩アイスをいただいたんですが
これがまた超美味しかった~。
流行の塩スイーツ、適度な塩加減と甘さの絶妙な調和がたまらないですよね。

満腹すぎて
部屋に戻っても全く二次会ができない状態でしたが。

久しぶりに美味しい海の幸を堪能し
贅沢できて大満足でした★
スポンサーサイト

<< 新潟旅行記②  TopPage  ミスドの夏ドーナツ第二弾。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://asacomia.blog75.fc2.com/tb.php/1263-583c01c5




Copyright ©ASACOM☆BAR. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。